Top >  英検対策 >  勉強法

勉強法

勉強法は、ポイントわけをしっかりして対策を立てることが効率よく勉強できる近道だと思います。
1、単語を覚える 2、文法をよく知る 3、リスニング(しっかり聞けるようになるには ) 4、リーディング(読解力をつけるには)
5、スピーキング(話せるようになるためには) 6、コミュニケーション(人とかかわる力をつける)

英検対策として語彙を増やす方法で一番簡単なのが、日常の中からよく使う単語を覚えていく方法です。そこから趣味、興味に
範囲を広げてゆけば少しづつ覚えられる語彙が増えていくかと思います。

文法の英検対策は、最初中学生くらいのレベルからしっかり基礎をおさえて、ひとつの単元ごとに深く掘り下げて理解を深めていきます。
何度も問題集を繰り返し解いていくことが身につけるコツになります。

リーディングの英検対策は、ひたすら好きな本を(洋書)で読むことから始まると思います。
そして小学校の宿題にも毎日ある「音読」です。音読にすると、流し読み、読みこぼしがなくなりますし、しっかり頭に入ってきます。

スピーキングの練習のはじめの一歩として、毎日の生活の言葉を英語で話すことから始めてみてはどうでしょう。「おはよう」
「今日もいい天気ですね」などの簡単なことから大切な英検対策になると思います。少しずつ複雑なやり取りにしていけばよいと
思います。

英検対策の醍醐味と言えると思います。ネイティブの方と、直接お話しすることです。とっさのことに
単語がでてこないなんて時にもちがう言葉で伝える、ボキャブラリーを養うには人との会話は大切になります。
たくさんの人とのやり取りが、何よりも英検対策になると思います。

英検対策

英検の対策は、大手の英会話スクールから、個人の小規模なスクールまで、英検対策に関する、情報とアドバイス、そして 英検対策クラスまであってとても充実していると思います。 スクールの規模にかかわらず、合格者がたくさんいるところ、また利用者の実際の声などを聞いて、自分にあった英検対策プログラム を探してみたら良いと思います。 リーディング、リスニング、発音、ボキャブラリー、すべてにおいて英検対策をとっているところを探してみるとよいと思います。 英検対策は、独自のカリキュラムをつくって、独創性に富んでいるところも多くあります。 英検対策は、情報の洪水化になっているかもしれません。英検対策の本、教材、スクール、個人レッスン。 「英検」という知名度の高さから、英検の合格資格を持っている、というと英会話は、「できる」というお墨付きをもらっている ようなもののようです。 英検は、5級から1級まで、各級ごとに試験の審査基準が明確に示されているので、それに沿って、英検対策をかんがえていけます。 過去の問題集を見る、これからの予想問題集を見る、英検対策の関連書籍をみる、通信教育講座もあります。またソフトウェアもあり 勉強方法は、充分に自分自身でも考えていくことができると思います。 年間260万人が受験するといわれている英検、新しい情報をのがさず集めて、しっかり対策を立てていけてらよいと思います。

関連エントリー

英検対策と日本語対策 お金を掛けない 目標の立て方 工業英検 ケンブリッジ 学校での勉強 教材 国連英検 児童英検 勉強法 講座 3級 2級 1級 面接 二次試験