Top >  英検対策 >  面接

面接

面接試験(2次試験)は、3級からあります。
5分から10分間の間、教官と1対1でのやり取りとなります。対策としては、コミュニケーションの力ですね。

個人面接は、文章とイラストからできているカードを読み、それを音読します。また、面接官のほうから質問もあります。
それに答えていくのです。

ここでの英検対策として、まずは、受験者の試験を受けるにあたって姿勢をとわれることと思います。心構えや心情は態度に表れる
ものです。受験するにあたって自分自身の思い入れをしっかりもっておくことが大切になると思います。

面接の英検対策として、次に質問に答えるときは、はっきりと簡潔に答えるように心がけます。
そして、絵カードの文字を音読する時には、落ち着いてあわてずゆっくり音読します。ゆっくり過ぎるかな?と思うくらいがよい
というアドバイスの声が多く聞こえます。

面接場面での英検対策として、質問されたら、その質問の内容をできるだけ正確に理解することにポイントをおきます。
質問の内容がわからない場合は、できるだけその質問に近いかな?という答えでもまずは話してみます。考え込んで会話が途絶える
ということはないほうが良いと思います。

各級の特徴をしっかりつかんで英検対策をたてていきます。面接試験では、質疑応答だけでなく、自己アピールや、世の中の時事に
ついて話すこともでてきます。想定して、一人でも声に出して場面設定をして練習してみるとよいと思います。

最後に面接での英検対策としてとても大切なことがあります。身だしなみです。髪型や、服装はとても大切です。清潔感があり
好印象をもたれるようコーディネートしたいです。

英検対策

英検の対策は、大手の英会話スクールから、個人の小規模なスクールまで、英検対策に関する、情報とアドバイス、そして 英検対策クラスまであってとても充実していると思います。 スクールの規模にかかわらず、合格者がたくさんいるところ、また利用者の実際の声などを聞いて、自分にあった英検対策プログラム を探してみたら良いと思います。 リーディング、リスニング、発音、ボキャブラリー、すべてにおいて英検対策をとっているところを探してみるとよいと思います。 英検対策は、独自のカリキュラムをつくって、独創性に富んでいるところも多くあります。 英検対策は、情報の洪水化になっているかもしれません。英検対策の本、教材、スクール、個人レッスン。 「英検」という知名度の高さから、英検の合格資格を持っている、というと英会話は、「できる」というお墨付きをもらっている ようなもののようです。 英検は、5級から1級まで、各級ごとに試験の審査基準が明確に示されているので、それに沿って、英検対策をかんがえていけます。 過去の問題集を見る、これからの予想問題集を見る、英検対策の関連書籍をみる、通信教育講座もあります。またソフトウェアもあり 勉強方法は、充分に自分自身でも考えていくことができると思います。 年間260万人が受験するといわれている英検、新しい情報をのがさず集めて、しっかり対策を立てていけてらよいと思います。

関連エントリー

英検対策と日本語対策 お金を掛けない 目標の立て方 工業英検 ケンブリッジ 学校での勉強 教材 国連英検 児童英検 勉強法 講座 3級 2級 1級 面接 二次試験