Top >  英検対策 >  英検対策と日本語対策

英検対策と日本語対策

今小学校でも英語教育をと言われて久しい中、学校をあげて対策をして受験することを進めているところもあります。
それは中学、高校、大学だけではなく小学校でも児童英検を学校単位で受けているところもあります。
各地域でも英語教育のフォーラムや、英検対策講座は、たくさん開かれています。

英検対策や英語教育が盛んに話し合われる中で、今、日本語教育にも注目が集まっています。
「正しい日本語使えますか?」をキャッチフレーズに、英検とは対極の立場にある母国語である、日本語検定が2007年6月から
スタートします。

グローバル社会と共に英検の重要性もあげられ英検対策が当たり前のなか、母国語である日本語のみだれも注目を集めています。
日本語検定は、母国語である言葉についての正しい知識やこれを使用運用していく能力を測り正しい言葉と正しい言葉づかいを
身につけてもらいたいという願いがこめられています。

検定の内容は、英検と同じく6段階に分かれています。小学校高学年レベルの6級から、社会人上級レベルの1級まであります。
テストで出題される問題の範囲は、敬語、文法、語彙、表記、言葉の意味、漢字のから出題されます。

これから英検対策のように各級ごとや留学のような試験対策が日本語検定にもできてくるのでしょうか。
もしかすると近い将来、英検対策、日検対策、と並んで表示されることがあるかもしれません。

英検対策

英検の対策は、大手の英会話スクールから、個人の小規模なスクールまで、英検対策に関する、情報とアドバイス、そして 英検対策クラスまであってとても充実していると思います。 スクールの規模にかかわらず、合格者がたくさんいるところ、また利用者の実際の声などを聞いて、自分にあった英検対策プログラム を探してみたら良いと思います。 リーディング、リスニング、発音、ボキャブラリー、すべてにおいて英検対策をとっているところを探してみるとよいと思います。 英検対策は、独自のカリキュラムをつくって、独創性に富んでいるところも多くあります。 英検対策は、情報の洪水化になっているかもしれません。英検対策の本、教材、スクール、個人レッスン。 「英検」という知名度の高さから、英検の合格資格を持っている、というと英会話は、「できる」というお墨付きをもらっている ようなもののようです。 英検は、5級から1級まで、各級ごとに試験の審査基準が明確に示されているので、それに沿って、英検対策をかんがえていけます。 過去の問題集を見る、これからの予想問題集を見る、英検対策の関連書籍をみる、通信教育講座もあります。またソフトウェアもあり 勉強方法は、充分に自分自身でも考えていくことができると思います。 年間260万人が受験するといわれている英検、新しい情報をのがさず集めて、しっかり対策を立てていけてらよいと思います。

関連エントリー

英検対策と日本語対策 お金を掛けない 目標の立て方 工業英検 ケンブリッジ 学校での勉強 教材 国連英検 児童英検 勉強法 講座 3級 2級 1級 面接 二次試験