Top >  英検対策 >  工業英検

工業英検

工業英検は、注目されてきています。社会のグローバル化にともない学会、産業界で必要とされています。受験者数も年々増えて
きました。理工系の英検ともいわれてかなりレベルの高い試験です。

工業英検対策として出題から傾向や自分の苦手なところを探していきます。専門用語がかなり多いので、辞書、参考書の持ち込みも
許されています。他の英検との違いはここですね。

工業英検対策で必ずやっておいたほうが良いといわれているのが、テキストと問題集の反復練習と、過去問題の練習です。これは
かなり大切な英検対策です。問題形式は、英訳、和訳、適語補充になります。そして理工系の専門用語です。

相当ハイレベルな語彙力に、理論的考思考、理工系の知識が必要になりますが、まず聴く、話す、読む、書くの基本的な英語の力を
まんべんなく伸ばすように英検対策をしていきます。それから苦手なところと、工業英検特有問題「修辞」の「〜を書き直しなさい」
また「〜と」「〜と」二文をひとつの文にまとめなさい。などの出題は、いかにテクニカルライティングを行うか英検対策のポイント
になると思います。

正確でわかりやすい簡潔な文章で事実の表現をしていくのは、科学技術の専門用語などを表現する上で、大切です。またそれが
曖昧な表現や、曖昧なニュアンスのもつ言葉の認識につながります。これも英検対策です。

大変でしょうが、コンピューター関係、科学技術者の論文などをたくさん読んでおくことも英検対策です。たくさんの、工業英語に
慣れることです。

英検対策

英検の対策は、大手の英会話スクールから、個人の小規模なスクールまで、英検対策に関する、情報とアドバイス、そして 英検対策クラスまであってとても充実していると思います。 スクールの規模にかかわらず、合格者がたくさんいるところ、また利用者の実際の声などを聞いて、自分にあった英検対策プログラム を探してみたら良いと思います。 リーディング、リスニング、発音、ボキャブラリー、すべてにおいて英検対策をとっているところを探してみるとよいと思います。 英検対策は、独自のカリキュラムをつくって、独創性に富んでいるところも多くあります。 英検対策は、情報の洪水化になっているかもしれません。英検対策の本、教材、スクール、個人レッスン。 「英検」という知名度の高さから、英検の合格資格を持っている、というと英会話は、「できる」というお墨付きをもらっている ようなもののようです。 英検は、5級から1級まで、各級ごとに試験の審査基準が明確に示されているので、それに沿って、英検対策をかんがえていけます。 過去の問題集を見る、これからの予想問題集を見る、英検対策の関連書籍をみる、通信教育講座もあります。またソフトウェアもあり 勉強方法は、充分に自分自身でも考えていくことができると思います。 年間260万人が受験するといわれている英検、新しい情報をのがさず集めて、しっかり対策を立てていけてらよいと思います。

関連エントリー

英検対策と日本語対策 お金を掛けない 目標の立て方 工業英検 ケンブリッジ 学校での勉強 教材 国連英検 児童英検 勉強法 講座 3級 2級 1級 面接 二次試験