Top >  英検対策 >  3級

3級

3級の最年少合格者は、4歳となっています。驚きとともに身の引き締まる思いですね。しっかり立てて合格を目指して頑張っていきましょう。

3級は、中学生卒業レベルといわれています。単語をしっかりと覚えていくことに重点を置いて考えてみるとよいようです。
中学生の教科英語をひととおりもう一度学習してみると、自分の気が付かなかった以外な盲点が見つかるかもしれません。
これがまた、英検対策になります。

3級の英検対策として、単語の記憶と問題集や過去問題の繰り返しの反復練習が大切だと思います。これによって出題傾向もわかって
くると思いますし、3級英検対策として、文法の副詞と形容詞の理解と応用をしっかり把握することにもつながると思います。

2次試験は、試験管から渡されたカードの音読とそれについての質疑応答、そして自分自身について合わせて5つの出題のなります。
英検対策として、答えるときには、簡単な返事だけで済まさず、文章になる話し言葉でしっかり応えるようにするとよいという
アドバイスの声がよく聞かれます。ここでは、発音や、イントネーションは、あまり気にせずのびのびとゆっくり落ち着いて答える
ほうが点数のアップにつながると思います。

試験を受ける態度や姿勢もポイントに入っています。礼儀正しい態度をこころがけます。そしてあまり緊張するといけないので
リラックスする方法も自分なりに見つけていきます。これも英検対策ですね。

英検対策

英検の対策は、大手の英会話スクールから、個人の小規模なスクールまで、英検対策に関する、情報とアドバイス、そして 英検対策クラスまであってとても充実していると思います。 スクールの規模にかかわらず、合格者がたくさんいるところ、また利用者の実際の声などを聞いて、自分にあった英検対策プログラム を探してみたら良いと思います。 リーディング、リスニング、発音、ボキャブラリー、すべてにおいて英検対策をとっているところを探してみるとよいと思います。 英検対策は、独自のカリキュラムをつくって、独創性に富んでいるところも多くあります。 英検対策は、情報の洪水化になっているかもしれません。英検対策の本、教材、スクール、個人レッスン。 「英検」という知名度の高さから、英検の合格資格を持っている、というと英会話は、「できる」というお墨付きをもらっている ようなもののようです。 英検は、5級から1級まで、各級ごとに試験の審査基準が明確に示されているので、それに沿って、英検対策をかんがえていけます。 過去の問題集を見る、これからの予想問題集を見る、英検対策の関連書籍をみる、通信教育講座もあります。またソフトウェアもあり 勉強方法は、充分に自分自身でも考えていくことができると思います。 年間260万人が受験するといわれている英検、新しい情報をのがさず集めて、しっかり対策を立てていけてらよいと思います。

関連エントリー

英検対策と日本語対策 お金を掛けない 目標の立て方 工業英検 ケンブリッジ 学校での勉強 教材 国連英検 児童英検 勉強法 講座 3級 2級 1級 面接 二次試験